一度きりの人生を楽しむには?

一度きりの人生を楽しむために、好きな人と好きな場所に行ったときの面白情報や人生が楽しくなる情報を掲載していきます。

【ネタバレしまくりで】ゴジラ キング・オブ・モンスターズは監督のゴジラ愛と渡辺謙の活躍を見せつけてくれて面白かったから感想を書いていくよ~

 どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。

さてさて、ついに来ましたね。ハリウッド版ゴジラの2作目。

モンスターユニバースの三作目。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ。

f:id:yoshikiyachi:20190602121032j:plain

 

シンゴジラの成功で勢いづいたゴジラシリーズに満を持してハリウッド版ゴジラが登場です。

正直前作のハリウッド版ゴジラ一作目(以下ギャレゴジ)では、ゴジラの活躍が全く映されていないためもっとゴジラを見せてくれ~!!と思っていたのですが、今回は予告からばりばり戦っているのでかなり期待度は高い状態で観に行きました。

前置きはこれぐらいにしておいて、早速書いていきます。

 

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズってどんな映画?

 ゴジラ キング・オブ・モンスターズのあらすじはこんな感じです。

太古の巨大生物「ゴジラ」と巨大生物「ムートー」との戦いから、5年の月日が流れた。モスラ、ラドン、キングギドラなどの神話時代の怪獣達が復活し、世界は新たな危機に晒されようとしていた。人々は自分よりも巨大な生物に恐怖を抱き、逃げ惑った。議員達は対応に追われるが、これと言った解決策は見つからなかった。

たくさんの怪獣が出現する中、どの怪獣が人間の味方でどの怪獣が敵なのか見極めなければならなかった。ゴジラも再び姿を現し、世界の覇権を懸けての怪獣達の争いが繰り広げられることになった。未確認生物特務機関「モナーク」は、世界の破滅を食い止めるため活動を開始した。果たして、人類は生き残ることができるのだろうか!?

引用 

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

 

 今作で監督を務めたのはマイケル・ドハティ。

この人めちゃくちゃゴジラファンらしく、監督にとってゴジラはどんな存在?という質問に「神だよ」と答えています(笑)。

もしも超絶ゴジラオタクがハリウッドで「ゴジラ」を撮ったら… M・ドハティ監督が愛を叫ぶ : 映画ニュース - 映画.com

f:id:yoshikiyachi:20190602124917j:plain

 

今作の主人公芹沢博士を演じているのは、我らが渡辺謙。

www.instagram.com

渡辺謙は名探偵ピカチュウにも出ていましたし、ハリウッドでの出演が多くなっている印象です。

ただピカチュウの時は活躍がイマイチだったので今作での活躍に期待です。

 

そしてもう一人の主人公マークを演じるのはカイル・チャンドラー。

ファーストマンやスーパーエイトなどに出演している名俳優です。

www.instagram.com

 

お次は今作の裏の主人公、最強のサイコパスおばさんでマークの妻エマ。演じるのはベラ・ファーミガ。この俳優さんは今作で初めて見ましたね。

どんな演技をしてくれるのか楽しみです。

www.instagram.com

 

そして上記二人の娘役にミリー・ボビー・ブラウン。

今作がスクリーンデビューみたいです。

将来が楽しみな俳優です。

www.instagram.com

 

そしてなんとチャン・ツィイーも出ています。

芹沢博士やマークと一緒にゴジラや他の怪獣たちを追う科学者役です。

そんなチャン・ツィイーもすでに40歳。

年取りましたね~。でもお美しい。

www.instagram.com

 

そしてシェイプ・オブ・ウォーターのサリー・ホーキンスも出演しています。

 こう考えると結構豪華な俳優陣ですね。

www.instagram.com

 

こんな豪華な俳優陣で挑んだゴジラ第2作目。

その内容について書いていきます。

 

今作の良かった点

まずは今作で評価できる点を挙げていきます。

今作をおすすめ出来る人は下の人です。

とりあえず怪獣たちが暴れまわっている姿を観たい人

もうこれ一択につきますね。

その理由について掘り下げていきます。

怪獣たちのアクションシーンは過去最高の出来

 今回のゴジラの一番の見どころ、それは怪獣たちがこれでもかと街を破壊しまくり、戦いまくるところです。

そうなんですよ、ぶっちゃけハリウッド版一作目のギャレゴジは僕の中でかなり鬱憤のたまる作品でした。

なぜかというとゴジラの登場シーンが少ない!!!!

ゴジラが登場してこれから面白くなってキターーーーっ

て時にいきなり場面が変わってスゲーお預け状態。

いやいやいや、もっとゴジラを見してくれよ( ;∀;)、って感じたことを今でも覚えています。

というか相手のムートーの方が出番多かったし。

まあでも今考えると今回のキング・オブ・モンスターズのために出し惜しみしていたのかもしれないですがね。

そんな前作の出番の少なさを挽回するかのように今回はゴジラが暴れまくります。

なんと言ってもあのゴジラがキングギドらに向かって走るんですからね(笑)。

それは予告編でも確認出来て、最初観たときはマジで鳥肌が立ちました。


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』予告2

 

あんなでかいからだで走れるんだ・・・・。という衝撃。

キングギドラも走っているし。

今作ではそんなファンが観たかったシーンがどんどん出し惜しみすることなく、降り注いできます。

ゴジラがキングギドラともみ合って首を食いちぎるところとか、キングギドラがゴジラの熱線を交わしながら引力光線を吐き出すシーンとかファンからすると、

そうそう、こういうのが観たかったんだよ

って思ってしまうんですよね。

他にもラドンがわざと翼を回転させて戦闘機を追撃するシーンとか、キングギドラが発電所の電源を利用して稲妻を発生させて周りのものをすべて破壊させる神々しいシーンなんかもあり、怪獣ファンには非常にわくわくさせるシーンがたくさん出てきます。

それを監督はマジでわかってます。

たぶん監督自身がこういうシーンを観たい、っていう気持ちを基準に映画を作ったんでしょう。

これぞ怪獣プロセスの最高峰です。

また過去のゴジラシリーズのオマージュも結構入っているので、昔のゴジラを知っている人も楽しめます。

日本のゴジラで出てきた兵器オキシジェン・デストロイヤーとかも出てきますからね。

 

怪獣を人智を超えたものとして描いている

また今作では怪獣をただのクリチャーとして扱ってないんですよね。

そこも非常に好感を持てました。

ゴジラもキングギドラも、人知を超えた存在であり倒すことの出来ないものという設定で描かれています。

それを象徴するシーンがキングギドラと十字架が映し出されるシーンです。

f:id:yoshikiyachi:20190602170804j:plain

それは日本がこれまで作製したきたゴジラ映画の中では大前提になっている設定なんですよね。

そこをちゃんとハリウッドが分かって描写していることにすごく喜びを感じました。

これまでのハリウッド映画ってどうしても日本を間違った認識で描いていることが多いんですよね。

アベンジャーズですら、なんか変な日本が出てきましたし。

そんな中、日本を代表するキャラクターを正確に認識し表現してくれたこの映画には感謝しかありません。

 

個々の怪獣たちの立ち位置がはっきりしていて分かりやすかった

 今作ではゴジラ、キングギドラ、ラドン、モスラと4体の怪獣がメインで暴れまわります。この4体の個性がめっちゃ出ていたのがすごくよかったんですよね。

ゴジラは言わずもがな、怪獣の王ですね。キングギドラはゴジラの最大のライバルで、本編中では偽りの王と呼ばれています。キングギドラ可哀そう(笑)。

またモスラは、ゴジラのサポート役。ラドンはとりあえず勝った怪獣の下につくという三下役です(笑)。

特にラドンなんて、キングギドラが優位と分かればキングギドラに従うんですが、ゴジラがキングギドラを倒すとすぐにゴジラの下につきます。まじで切り替え早い!!!

そういう意味でラドンは完全にネタ化していましたね。

こういう風に立ち位置がはっきりしているから、ゴジラとキングギドラの戦いのときにこちらのテンションをMaxに上げることが出来るんですよね。

 

人間臭さの残るサイコパス エマの魅力

今回人間側の悪役として怪獣を呼び起こして地球の再生させようともくろむテロリスト集団が出てきます。そのリーダー格として怪獣を操る機械(以下オルカ)を開発するのがベラ・ファーミガ演じるエマです。

f:id:yoshikiyachi:20190602163511j:plain

映画の冒頭では、普通に子供想いの母親を演じているんですが中盤で化けの皮が剥がれるんですよね。

彼女の目的は、人間によって環境破壊が進み地球が後戻りできない状態になる前に、怪獣たちを使って人類を粛正し地球の生態系を正しい状態に戻すことです。そのために自信が開発したオルカを用いてキングギドラを呼び起こします。

いやー、なかなかのサイコパスっぷりでしょ。なんか彼女の考えを聞いていたらアベンジャーズのサノスを思い出さずにはいられませんでした。

www.yoshikunnoblog.com

 

ただね、エマさんサノスと違って最後には自分が間違っていたと気が付くんですよね。そこがサノスとの大きな違いです。

そこらへんがサノスと違ってすごく人間臭いんですよね(まあサノスはタイタン人ですが)。その優柔不断さが人間臭くて僕は好きでした。

 

今作の悪かった点

まあ僕自身はすごく満足したんですが、全員におススメできる映画ではありません。

特に

・怪獣に興味ない

・映画を観るなら人間ドラマ重視

・日本人とアメリカ人の核兵器に対する価値観の差が気になる人

という人にはおススメできません。

 

人物描写が雑

 僕は今作では全然気にしてないんですが、まあ人物描写は雑でしたね。

まず渡辺謙が演じる芹沢博士。彼は終始ゴジラを心酔しているんですよ。その考え方に至る描写が全くないんですよね。ゴジラにでも命を助けられたの?って思うくらいの入れ込みなんですが説明不足で全く感情移入ができませんでしたね。

また今回の映画のストーリーの構成ってほぼ怪獣の戦いメインで進んでいきます。むしろこう戦わせるためにはこういう風にストーリーを展開していった方がいいよね、って感じで映画を作ったんじゃないかと思うくらいのストーリーなので怪獣が好きじゃない人は全く興味を持てないと思います。

  あとなぜかゴジラが眠る海底の古代遺跡にカタカナでゴジラって書かれていたり設定が雑じゃね?ってところもありましたね。

 

核兵器に対する考え方の違い

 今作では弱ったゴジラを復活させるために核爆弾が用いられます。

ゴジラの近くで核爆弾を爆発させるとゴジラがめちゃくちゃ元気になって復活するんです。結構この描写に関して日本人的には受け入れられない人もいるかもしれません。

基本アメリカ人にとって核兵器とは平和のために持っているもの、または平和のためなら使用することも致し方ないとする考え方で描いていることが多いです。

それは前作のゴジラでもそうですし、他のハリウッド映画でも普通に描かれています。

日本人は絶対に核兵器は使わせない、という考え方が一般的なのでそこら辺で違和感を持つ人は多いと思います。

しかもゴジラの近くまで核兵器を持って行って起爆させるのは日本人の芹沢博士という皮肉。彼は家族を戦争中に広島の原爆でなくしており、核兵器は憎んでいるはずなんです。

ただ彼はゴジラに家族を殺されたマークに憎しみを捨ててゴジラを受け入れなければならない時もある、という台詞を言います。

その台詞はもしかしたら自分に向けた台詞かもしれません。

自分の憎んだゴジラを復活させるためには核兵器を受け入れなければいけないと。

この点は議論のし甲斐がありそうですね。

 

ということでいろいろ書いてきましたが、今回はここまで!!!

ではでは!!

【ミューツーの逆襲とは無関係】名探偵ピカチュウはアニメをそのまま実写化した感じの映画で渡辺謙もあんまり活躍してなくて面白くなかったよ~

どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。

今回は名探偵ピカチュウ。

日本発祥のコンテンツポケモンの実写映画化。

また日本でも絶大な人気を誇るピカチュウが主人公。

ということ勝手に親近感を持って期待を膨らましていた窓際サラリーマンです(笑)。

f:id:yoshikiyachi:20190525193724j:plain

予告編を観たときからこのピカチュウ絶対のおっさん臭いやつや、絶対テッドからインスピレーションもらってるって思っていました。

実際観てみたら…。

ということで早速書いていきます。

 

 

名探偵ピカチュウって?

名探偵ピカチュウのあらすじを紹介。

子供の頃のティムの夢は、ポケモントレーナーだった。だが、父のハリーがポケモンに関する事件を追って家に帰って来なくなったことをきっかけに、ポケモンから遠ざかるようになった。月日が流れ、青年になったティムの元に、ハリーの同僚だったヨシダ警部補がやってくる。ヨシダ警部補はハリーが亡くなったことを伝えた。

ティムは父が暮らしていたライムシティに向かった。ライムシティは人間とポケモンが共存している街だった。ティムは父の部屋に行き、ポケモンのピカチュウに出会う。ピカチュウは人間の言葉を話した。ティムは驚くが、ピカチュウの言葉は他の人には通じなかった。

ピカチュウはハリーの相棒だったが、事故によって記憶を失っていた。そんな状況にも関わらず、ハリーがまだ生きていると確信していた。ピカチュウはティムに、ハリーを一緒に探すことを提案した。

引用

映画『名探偵ピカチュウ』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

今作は、DSソフトの名探偵ピカチュウというゲームを実写化したものになります。

ここで出演しているキャストを紹介。

まずは主人公のティムを演じたジャスティン・スミス。

 

www.instagram.com

最近だとジュラシックワールド・炎の王国に出演しています。

 

 

 そして今回ピカチュウの声を担当するのはライアン・レイノルズ。

ライアン・レイノルズといえばデッド・プールでしょ。

www.instagram.com

 

まじで、彼がピカチュウやるなんて想像できないですがあってるんですかね。

あんな下ネタばっかり言っていた人がピカピカ言っちゃうなんて(笑)。

お次は今回のヒロイン キャシーを演じるのはキャサリン・ニューロン。

www.instagram.com

 

1997年生まれ。若いですなあ~!!

どんどん自分より年の若い俳優が出てきますね。おいらもおっさんになったもんだ。

 そして日本から渡辺謙。今回はヨシダ警部役で出演しています。

今作の次にゴジラの新作も控えていますし、かなり忙しいですね。

f:id:yoshikiyachi:20190526160025j:plain

今回はどんな活躍を見してくれるのか楽しみです。

とまあキャストの紹介についてはこのぐらいにしておいて早速中身について書いていきます。

 

率直にいうとポケモンのアニメ映画を中途半端に実写化した感じ

 まず初めに今作は期待していたんですが、そんなに面白くなかったです。

なんかすべてが中途半端。

まずストーリーの進め方が、ご都合主義的でなんとなく製作者の思い付きでポケモンを登場させて強引に進めているのかなあ、という感じがしてなりませんでした。

なんでお前そこにおるの?とかなんでいきなりそんな設定が出てくるの?と思わざるを得ない展開が多くて真剣に観ていたらマジで混乱してきます。

あとせっかくポケモン出しているんだからもっとバトルしてほしかった、ピカチュウが電気攻撃するシーンなんてほとんどなかったし他のポケモンとバトルするシーンもほとんどなかったので、全然ワクワクを感じることができなかったんですよね。

ポケモンのゲームをやっていた身としては、そこは観る前にどうしても期待してしまうところ。

ただポケモンの見せ方に関しては、いい点もありました。

今回の舞台は、人間とポケモンが共存している街ライムシティが舞台になります。このライムシティではポケモンが野生化しておらず、モンスターボールに入っているわけでもなく普通に人々の生活の中に溶け込んでいます。

例えばゼニガメが消防隊員と一緒の消火活動をしていたり、カイリキーが交通整理をしていたりするシーンがあったりしてそれはそれで結構楽しめたりしました。

ああ、ポケモンたちもそれぞれのアイデンティティを活かして生活してるんだなあと。

とまあ結構辛口で言っていますが、それもこれもアベンジャーズ/エンドゲームを観た後だから、ハードルが上がっちゃってるんかなあとも思ったり。

あれに比べてしまうと、ほかの映画なんも考えてないんじゃないかと思ってしまうのは僕だけでしょうかね(汗)。

 

渡辺謙の無駄使い感が半端なかった件

いや~、謙さんね。

なんか主人公ティムのお父さんの友人でライムシティの刑事役として出演するんですが、全く活躍するシーンがない(笑)。

前半ちょこっと出てきて、後半街が混乱状態になったときに逃げ惑っているだけですからね。

警察官なのに無能という(笑)。

まじで渡辺謙じゃなくても全く問題ないってぐらい、なんの活躍もなかったので逆にビックリしました。なんかちょこっと出てきて友情出演って感じにしておけばまだいいものを中途半端に出すからすごくもったいないんですよね。

まあ次のゴジラ キング・オブ・モンスターズに期待ですかね。

ゴジラについて詳しく知りたい人は下のHPで詳しく解説しています

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

 

もう少しゲーム中の音楽とか使ってくれれば盛り上がったに違いない

ストーリーが終わった後のエンディングでゲーム中に使われた音楽が結構流れます。

(雰囲気的にしたみたいな感じのやつです)


[BGM] [GB] ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ [Pocket Monsters Red・Green・Blue・Yellow]

ゲーム版のポケットモンスターでモンスターに遭遇したときの音楽とかゲームを開始するときの音楽とか。そういうのを聞くと小さいころ夢中になっていた時のことを思い出して非常にノスタルジックな気持ちにさせられました。

ただ出来れば本編でもそういうのが欲しかった。

 

ライアン・レイノルズは無理がありすぎるでしょ(注意ネタバレあり)

今回ピカチュウはしゃべることが出来ます。ピカチュウの声をライアン・レイノルズが担当しています。

これには訳があって、実はピカチュウの中には主人公ティムのお父さんの精神が宿っているため、主人公にだけピカチュウの声が聞こえたということが終盤で明らかになります。

そして最後にはピカチュウから父親の精神が元の肉体に無事に戻ります。

そうなんです。

ティムのお父さん役はライアン・レイノルズなんです!!!!!!

 

ええええええええええええええ!!!!

 

ピカピカピカピカピカピカピカピカピカチュウ!!!!

 

まじで全然似てないし無理がありすぎるでしょ。

全然父親の顔見せないからなんかあるのかと思っていたらまさかのレイノルズがお父さん。

ここだけは少し驚きましたね。

 

いろいろ文句は言ってきたけどピカチュウは可愛い

なんかいろいろ文句しか言ってないですが、とにかくピカチュウは可愛いです。

なんかもうわざと可愛く見せているんやろなってぐらい可愛いです。

だからピカチュウ好きには楽しめる作品だど思います。

ただ個人的にはもう少しおっさん感があってもよかったんですがね。

 

 

ということでいろいろ書いてきましたが、今回はここまで!!!

ではでは!!

【ネタバレありで】アメリカンアニマルズはクソつまらない映画だったから書いていくよー

どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。

今回はアメリカンアニマルズという映画です。

f:id:yoshikiyachi:20190525094719j:plain

なんだ?その映画?って人も多いと思います。

僕も全く前知識なしで観に行きました。

 

まあ結論からいうとクッソつまらなかったですわ。

なんか久しぶりにこんな感情に陥りました。

 

ということで早速書いていきますわ。 

 

 

そもそもアメリカンアニマルズってどんな映画?

まずはアメリカンアニマルズのあらすじについて、

アメリカ・ケンタッキー州で退屈な大学生活を送るウォーレンとスペンサーは、自分が周りの人間と何一つ変わらない普通の大人になりかけていることを感じていた。そんなある日、2人は大学図書館に時価1200万ドル(およそ12億円相当)の超える画集「アメリカの鳥類」が保管されていることを知る。「その本が手に入れば、莫大な金で俺たちの人生は最高になる」そう確信したウォーレンとスペンサーは、大学の友人エリックとチャズに声をかける。『スナッチ』『レザボア・ドッグス』『オーシャンズ11』などの犯罪映画を参考に作戦を練ることにした4人は、特殊メイクで老人に扮し図書館に乗り込む計画を立てる。来たる決行日、老人の姿に変装した4人は図書館へと足を踏み入れる――。そこで彼らを待ち受ける運命とは?この前代未聞の強盗の結末は?

引用 https://filmarks.com/movies/79357/spoiler

この映画は大学生4人が10億円以上の価値を有する本を盗み出す計画を立て,実行するまでの過程を描いた映画です。

しかもこの事件は本当にあった事件で、作中ではドキュメンタリー風に作られている場面もあります。

 

大学生の4人組を演じているのはこの人達。

まずは強盗事件の言い出しっぺウォーレン役のエヴァン・ピーターズ。

www.instagram.com

 

 なんかどっかで観たことがある顔だと思ったらXMENとかに出演していたんですね。

結構勢いのある若手の俳優です。

 

 お次はターゲットの本に特別な感情を抱いているスペンサー。演じるのは、バリー・コーガン。

www.instagram.com

 

彼もダンケルクなどに出演している実力派の俳優。

 

 3人目は4人の中でまだ僕が共感できたチャズ。演じるのは、ブレイク・ジェナー。

www.instagram.com

 

結構イケメンですね。

まったく彼の出演作を知らないんですが、ドラマGleeに出演しているみたいです。

 

最後はエリック役のジャレッド・アブラハムソン。

f:id:yoshikiyachi:20190525105904j:plain

 正直まったく知りません(笑)。

いやー。最近の若い俳優は全く顔が分かりませんね(おっさんくさい笑)。

 

ということで上記4人が織りなす犯罪劇について書いていきます。

 

 大学生のクソみたいな犯罪を見せられただけ

 今作では実際にあった事件をベースに、当事者たちが当時を回想しながら物語は進んでいきます。不満を抱えながら平凡な学生生活を送っているウォーレンやスペンサー。何か大きいことをやりたい!!と思っていた彼らが偶然出会ったのは、図書館に保存されている10億円以上の価値を有するオーデュボンの本。

 それを盗むことで、自分たちは何かを成し遂げらると勘違いし実際に強盗を計画します。しかも図書館の警備は非常に緩く、簡単に盗み出せると勘違いしてそれほど何も考えずに計画を実行しようとします。

 そしていざ本を盗もうとするんですが、何も考えてないんですよ。

本をどうやって持ち出すか(オーデュボンの本は一辺が1mぐらいある)、逃走経路は?本が入っているケースはどうやって開ける?奪った後は誰に売ってお金にする?

などなど、普通に考えていれば決めておかなければいけないことがたくさんあるのですが、それを決めずに計画を実行するのですべて行き当たりばったり。

何をやるにもツッコミどころ満載。挙句の果てには仲間のチャズにも

「お前ら何も考えてないな!!」

って怒鳴られて銃を向けられる始末。

僕自身正直、途中から何を観させられているんだ?

という感覚に陥りました。そんなことも分からんのに、強盗なんかするんじゃねえよ!!

って何度叫んだことか。なんというか観ていてすごく痛い。こいつら痛すぎる。

まるで仕事が全くできずに、窓際に追いやられている自分を観ているかのようだったからです。まるで鏡(笑)。

あくまでこれは僕だけかもしれませんが、段取りの悪い人を見ると自分と重なってどうしても嫌悪感を抱いてしまうんですよ。この映画はまさにそれです。

 

若さゆえの無謀さ、そんな感覚を共感できる人にはおすすめ

僕は全く受け付けなかったんです。でも学生時代に自分は何者でもないのかもしれないという焦燥感に駆られたり何かを成し遂げて何者かになりたいという想いは共感できる部分があります。

だから、若いころに一度は誰でも通り得るあの感覚を思い出してやっぱりあほだったよなあってノスタルジーに浸れる人にはこの映画はお勧めです。

ただこれだけのことをしでかそうと思っている人が、あんまりにも何も考えていないので僕は怒りがこみあげてきてしまったんですが。

またこの映画で起こったことはすべて事実なので、最後に本を奪う際に暴行された女性本人が出てきてコメントするシーンがあります。そういうシーンが出てくると、彼らがしでかしたことの重大さが身に染みるんですよね。

 

ということで僕的にはまったく面白くなかったんですがどうしても観たいという人はどうぞ。

 

ということで今回はここまで!!!

ではでは!!

映画レビューサイト【MIHOシネマ】が予想以上に記事が充実していて驚いてしまった件

どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。

休日暇だし映画でもみようかな、でも何が面白いか分からないなあ。

なんて思った経験はありませんか?

映画は数が腐るほどあるけど、どうせ観るなら面白い映画を観たいですよね

そんなあなたにお勧めなのが下記サイトです。

その名もMIHOシネマ。

 

mihocinema.com

 

映画大好き人間の僕からすればめちゃくちゃ参考にさせてもらっているサイトです。

ということで今回はこのサイトについてご紹介させていただきます。

 

f:id:yoshikiyachi:20190519161800p:plain

 

 

 

こんな人におススメ

MIHOシネマはこんな人におススメです。

・暇つぶしできる面白い映画を探している人

・これから観に行く映画の周辺情報を知りたい人

・ジャンル別や俳優別で映画を検索したい人

 

その理由についてこれから書いていきます。

 

掲載作品数が6600本以上ってやばいでしょ!!

おすすめの理由その1がめちゃくちゃ掲載数が多いんですよ。なのでだいたいの映画は見つかります(笑)。

しかもジャンルや俳優別で映画が層別されており、自分の好きな俳優のおススメなどをすぐに調べることが出来ます。

例えば、僕が昔大好きだったキャメロン・ディアスについてもおススメをちゃんと載せてくれています。しかもメリーに首ったけやチャーリーズ・エンジェルなど抑えどころをちゃんと抑えてくれています。

mihocinema.com

余談ですがもう俳優業を引退してしまった彼女ですが、やはり若かりし頃は綺麗ですね。特にチャーリーズ・エンジェルの時が最盛期でしたね。

おっと、つい心の声が漏れてしまいました。

 

 もちろん俳優だけではなく、ジャンル別でもおススメ記事を載せています。

例えば映画の王道アクションに関してのおススメなんかもあります。

 しかも一位はあのHeatを選ぶというセンスの良さ!!

当たり前ですが映画のことを分かってらっしゃる!!

 

未公開の作品も紹介している

 またこのサイトのすごいところとして公開している作品、または過去の名作だけでなく公開予定の作品まで紹介してしまっている点です。

これにはさすがに驚きましたね。

例えばこれから公開予定のハリウッド版ゴジラやXメン最新作のダークフェニックスなどがしっかり記事として紹介されています。

ハリウッド版ゴジラの紹介はこちらから。

mihocinema.com

 

X-MENダークフェニックスの紹介はこちらから。

mihocinema.com

 

しかも映画の周辺情報が超充実しています。

例えば上記ページの目次を観るだけでもかなりのボリュームです。

f:id:yoshikiyachi:20190519211022p:plain

引用 https://mihocinema.com/godzilla-king-of-monsters-62583

もちろんネタバレはないので劇場に観に行く前にチェックしておくとより映画を深く理解できて楽しめます。

 

扱っている映画に偏りがない

 これも地味にすごいと思うのですが、扱っている映画に全く偏りがないんですよ。

例えばサイト中でゴジラと検索するとハリウッド版、日本版、アニメ版すべて出てきます。

また、日本版では2000年以降に公開されたミレニアムシリーズや1990年代に公開された平成版のゴジラも紹介されています。

日本版ゴジラシリーズの完結作ファイナルウォーズ。

mihocinema.com

 

鬼才庵野監督が描いたシンゴジラ。

mihocinema.com

 

平成ゴジラの完結編VSデストロイア。

mihocinema.com

 

もちろんアニメ版もあります。

mihocinema.com

 

もうこんなに記事にされてたら他のサイトいらないんじゃね、と感じてしまうほど充実しています。ここまでゴジラが包括されているサイトはあんまり知りません(笑)。

 

ということでいろいろ書いてきましたが、映画や俳優についていろいろ知りたい人はMIHOシネマを活用したらさらに映画を楽しめるようになりますよ!!

 

ということで今回はここまで!!!

ではでは!!

【感想・ネタバレありでアッセンブル!!】アベンジャーズ エンドゲームをアイアンマンからMCU作品を追ってきた30歳のサラリーマンが観た結果を書いていくよ~

 どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。

今回は今年一番の話題作、アベンジャーズ エンドゲームです。

f:id:yoshikiyachi:20190505172106j:plain

 

今作はこれまでのMCU作品21作の集大成です。

2008年のアイアンマンから紡がれてきたインフィニティストーンをめぐるストーリーがここで一旦完結します。

前作で史上最大の強敵サノスに惨敗してしまったヒーローたちがいかに反撃を開始するかを描いています。

ということで早速書いていきまっせ。

 

 

アベンジャーズエンドゲームってどんな映画?

あらすじ

 気になるあらすじは以下の感じ

「インフィニティ・ウォー」で、サノスによってアベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が消滅。大切な家族や友人を目の前で失い、絶望とともに地球にとり残された35億の人々の中には、この悲劇を乗り越えて前に進もうとする者も。 しかし、“彼ら”は決して諦めていませんでした。 地球での壮絶な戦いから生き残ったキャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ホークアイ、そして宇宙を当てもなくさまようアイアンマン。ヒーローたちは、大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結します。はたして失った者たちを取り戻す方法はあるのでしょうか? 35億人の未来のために、そして今はここにいない仲間たちのために、彼らは最後にして史上最大の逆襲<アベンジ>に挑みます。最強チーム“アベンジャーズ”の名にかけて──。

引用 

【ネタバレ】「アベンジャーズ4/エンドゲーム」徹底解説 衝撃の展開はどう回収されたのか? | ciatr[シアター]

 

キャストは?

  次にMCUシリーズをけん引してきたキャストたちについて書いていきます。

まずは2008年のアイアンマンからこのMCUに参加してきたロバート・ダウニー・Jrですね。

www.instagram.com

これまで登場してきたMCU作品は10作品になります。

アイアンマンに出会うまでの彼は、薬物依存になったりいろいろ大変だったみたいですが、非常にいいハマり役に出会えて本当によかったです。

いまや、ハリウッドを代表する俳優ですからね。

彼の作品はシャーロック・ホームズしか知りませんでしたが、アリー・my・ラブにも出演していたんですね。

リアルタイムで観ていた当時は気が付きませんでした。

彼が築き上げてきたトニー・スタークという人物像はMCU10作品の中で人間性に奥行きと深みを増してきました。エンドゲームではいったいどうなるのでしょうか。

 

そしてお次はキャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンス。

www.instagram.com

 

 MCUでキャプテン・アメリカを演じる前はファンタスティック・フォーでヒューマン・トーチ役を演じていました。そういう意味ではロバート・ダウニー・jrよりもアメコミ歴は長いと言えます。

 

 お次は最近、どんどん話題作に出演しているクリス・ヘムワース。

www.instagram.com

 

アベンジャーズに続いてメンインブラックの最新作にも出演しています。しかも相棒はヴァルキリー役のテッサ・トンプソン。

このコンビにまた会えるとはなかなか乙ですね。

 

 お次はインフィニティウォーでハルクが隠れてしまったバナー博士演じるマーク・ラファロ。今回はちゃんとハルクの姿で大暴れしてくれるのでしょうか?

 

www.instagram.com

 

 そして、アベンジャーズ結成当初からいる女性ヒーローであるブラック・ウィドウ演じるスカーレット・ヨハンソン。初登場時は、まだびちぴちの20代だったのが今では艶めかしい女性に成長しました。おじさんは感慨深いです。

 

www.instagram.com

 

 そしてインフィニティウォーで全く出番のなかったホークアイが満を持して登場です。というか、映画の初っ端から彼の家族が全員サノスの指パッチンで消されるシーンで始まりますからね。可愛そうなホークアイ。

 

www.instagram.com

 

 

以上がアベンジャーズ初期から活躍しているメンバーたち。

そしてお次は、アベンジャーズ1作目以降から参加したメンバーですね。

 

アントマン役のポール・ラッド。今作では一番活躍してくれます。

 

 

 アベンジャーズ新入りのキャプテン・マーベル。演じるのはアカデミー賞俳優のブリー・ラーソン。今作では無双してくれるか。

www.instagram.com

 

アイアンマンの相棒にして、ウォーマシーン役のドン・チードル。

今回はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのネビュラと仲間を助ける作戦に参加します。

twitter.com

 

今回一番役に立たなかったのがサノスの養女ネビュラです。演じるのはカレン・ギレン。メイクしてないとめちゃくちゃ綺麗ですね。

www.instagram.com

 

お次は前作で塵になってしまった面々。

まずはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの主人公クイルことクリス・プラット。前作インフィニティ・ウォーでは感情的になりすぎて、サノスの指パッチンを助ける結果に…。塵になっても仕方がないですね。

www.instagram.com

 

 スパイダーマン役のトム・ホランド。

サノスによって塵になってしまったが、蘇ることができるのか?トニーがめっちゃ心配してだぞ。

www.instagram.com

 

こちらも塵にされたドクター・ストレンジ。演じるはベネディクト・カンバーバッチ。

前作でタイム・ストーンをサノスに渡してしまったがこの選択は吉とでるか凶とでるか。

www.instagram.com

 

 ワカンダの王も塵となってしまいました。ブラックパンサーを演じるのはチャドウィック・ボーズマン。

www.instagram.com

 

他にもサミュエル・L・ジャクソンやグヴィネス・パルトロウなど豪華スターが出演しています。

 

ということでいざ、アベンジャーズ アッセンブル!!

 

上映時間三時間を全く感じさせなかった(ネタバレあり)

 前提として僕はこれまでにMCUの作品をすべて見てきました。そんな僕がまず観終わった後に想ったのが、もう3時間も経ったのか、ということでした。正直この映画はまったく時間を感じさせなかった。

今作は大きく三つの要素の分けられます。

 前半はサノスへの復讐、そしてインフィニティストーンが失われたことへの絶望を私たちに味合わせます。

かと思いきやアントマン登場からのタイム泥棒作戦という一筋の希望が見いだされワクワクが抑えられませんでした。

バラバラになっていたメンバーがどんどん集合していきます。ハルクと完全に同化したバナー博士や、飲んべえの引きこもりになってしまったソーなんかにはもう驚きです。この驚きを味わえるのはネタバレせずに観たからです。

本当にネタバレせずに見に行ってよかった。個人的にはタイム泥棒作成の会議をメンバー同士で行っている場面が非常に好きです。

彼らがどれだけ真剣に考え、お互いに信頼しあっているかが非常に伝わってきてほんわかさせられます。また、タイム泥棒作戦開始前のキャプテン・アメリカの演説は、聞いているこっちまで気分が高揚しなぜかやる気がみなぎってきました(笑)。

 そして中盤はタイム泥棒作戦。サノスによって破壊されたインフィニティストーン。しかしインフィニティストーンが無ければ、塵になった人たちを蘇らゼることができない。

そこで過去にタイムトラベルしてインフィニティストーンを集めて、その力で塵になった人々をよみがえらせるというのがタイム泥棒作戦。

このパートでは過去のアベンジャーズのシーンに戻ることになります。これが過去すべてのMCU作品を観ている僕としてはノスタルジーを感じざるを得ませんでした。

初めに出てきたシーンは、アベンジャーズ1作目のニューヨーク決戦。そこでは前作でサノスに殺されたロキやキャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャーで出てきたヒドラのメンバーなど懐かしのキャラがどんどん出てきて、観てるこちらからすると数年間まったく会っていなかった友人とばったり再会した気分になりました。

「おお~、久しぶり!元気にしてた!!!」みたいな感じです。

 

また次は誰が出てくるんだろう?という期待感も感じさせられました。そこがまたよかったです。まさかエンシェント・ワンが出てくるとは思いませんでしたからね。マジで懐かしかった。ドクター・ストレンジ以来です。

 

 そして最後のパートではサノス軍との最終決戦です。最初はサノスとBIG3の対決。お次は互いが総力戦でぶつかりあうのでわくわくしないわけがありません。

そして各ヒーローたちの見どころもちゃんと用意されておりもうこれでもかというぐらい暴れまわります。僕からすればどのヒーローも愛着があるので、縦横無尽に活躍している彼の姿を観ているのは非常に楽しかったです。そして最後に「I am ironman」といいながら指パッチンするアイアンマン。

「いやいやいや!!!お前がするんか~い!!!!」

といってしまいたくなるような驚きの連続。

 このようにMCUファンからしたら退屈するところがどこにもなかったです。むしろよく三時間で納められたなあ、と感じてしまうほどです。もう少し彼らの活躍をみていたかった。

 

MCU作品を観たことがない人は絶対に今作を観てはいけない

  今作はこれまでのMCUで紡がれてきたインフィニティストーンをめぐるストーリーに一つの終止符が打たれます。

  特にMCUを初期のころから引っ張ってきたアイアンマンとキャプテン・アメリカそしてブラックウィドウがアベンジャーズから抜けてしまうという事実は何度思い返しても胸にくるものがあります。

10年以上このシリーズを追いかけてきたために、個々のキャラクターに感情移入しすぎてしまっているからそう思ってしまうんですよね。

たぶん本作をいきなり見始めてもこうは絶対に思わない。というか思えないです。

 そういう意味でこの映画は、これまでMCUを追ってきたファンへの最高のご褒美です。

だからこそこの映画はMCUを観てない人にはおススメできないです。本編の内容のところでも書きましたが、今作は観ているMCUの作品が多いほど楽しめる作風になっています。

これまで一つもMCU作品を観ていないけど、エンドゲームを観たいという人は一つでも多くのMCU作品を観てから今作を観に行くべきです。

 

観終わった後に内容について議論できる作りになっていて秀逸

  アベンジャーズ エンドゲームは非常に複雑な状況の中でストーリーが進んでいきます。でもそんな複雑なストーリーでもすべてを説明しながら進んでいくわけではありません。エンドゲームはそこのさじ加減が絶妙なんですよね。

例えば、最終決戦でサノスにガントレットが奪われてしまうシーンがあります。そこでドクターストレンジが人差し指一本を上にあげ、アイアンマンがアイコンタクトで何かを伝えようとします。そのあとアイアンマンはサノスからインフィニティストーンだけを奪い、指パッチンをしてサノスとサノス軍を塵にしてしまいます。

 そのシーン一つにしても観る人によって異なる解釈が出来ます。ある人はドクターストレンジはインフィニティストーンを一つでいいから奪ってくれ、と伝えたかったと思うかもしれません。僕は正直、ドクターストレンジの人差し指の意味が全く分かりませんでした。もしかしたら1400万605分の1通りがここでやってきたぞ。ということを意味しているのだと思いました。ただそのときの具体的行動については何も示されていない。もう一つはトニーが死んで川辺で皆がその死を悲しんているときに、全く知らない青年が立っていました。 

「ん?あなた誰?」

これも観終わった後にあいつは誰なんだ?ってなったんですが、答えはアイアンマン3に出てきた少年でした。

『エンドゲーム』ネタバレ/葬式シーンのトリビア【あの青年誰?】 | MOVIE RUNNER

 

 このように明確な答えが提示されていない場面があるからこそ、観終わった後に観た人とお互いに議論できるのがファンにとってすごく嬉しいんですよね。

 

アイアンマンもキャプテン・アメリカも役割を全うした

  この映画にはいろいろなテーマがありますが、その一つがアイアンマンとキャプテン・アメリカの役割を終わらせることです。では役割を終わらせる方法は何にしようかと、いろいろ製作者側も考えたはずです。そして特にトニーについてはアイアンマンという役割を終えるために「死」が選ばれました。僕はその選択が最適だったと思います。おそらくトニーはたとえ下半身不随になっても異次元に飛ばされてかえってこれなくなっても持ち前の頭脳でなんとかしてしまうし、戦い続けることを選んでしまうから彼がヒーローの役割を綺麗に降りてもらうためには、死しかなかったと思います。

 一方のキャプテンは、もう序盤から自分の人生を生きたいということをはっきりといっています。サノスを倒した今、自分の役目を終えたからこそ、残りの人生を愛する人と一緒に過ごしかったのでしょう。最後にペギーとのキスシーンで終わるのも最高です。だって最初にキャプテン・アメリカ/ファースト・アベンジャーでペギーとキスをするという約束をしたにも関わらず、それから一度も出来ていなかったんですからね。何年越しのキスやねん!!

そして引退したヒーローたちの意思は、スパイダーマンやファルコンなどにしっかり受け継がれていきます。きっとそこら辺の話が、スパイダーマン:ファー・フロム・ホームで描かれるのでしょう。

 

ああ~これからも楽しみだぜ!!!

 

不満があるとしたらキャプテン・マーベルの出番が少なかったこと

 一つだけ不満があるとしたらキャプテン・マーベルの出番が少なすぎたこと!!

もう少し活躍が観たかった…。まあ強すぎ設定だから出てきたらほぼ無双ってところが難しいんですがね。あとドクターストレンジももっと敵と戦ってほしかった。洪水なんて止めている場合じゃないよ!!!

 

ということでいろいろ書いてきましたが、今回はここまで!!

ではでは!!