一度きりの人生を楽しむには?

一度きりの人生を楽しむために、好きな人と好きな場所に行ったときの面白情報や人生が楽しくなる情報を掲載していきます。

何を選択するかより選択した後にどうするかの方が重要だと思う件

どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。

人生ではいろいろな選択をします。どこの学校に進学しようかとかどこの会社に就職しようかとか、仕事を辞めようかとか結婚しようかとか、合コン行こうかとか。

たくさんの選択肢の中から一つを選んでそれを実行します。

いろいろ悩むことも多いと思います。でも結局何を選択したかはそんなに大事ではないかもしれません。

 

何かに必死なのは懸命に自分の選択を肯定したいからなのかもしれない

僕は大学は理系の学部に所属していました。そして大学4年生になった際に、研究室配属というものがあります。これは、その学部に属する〇〇教授の研究室に席をおいて研究を行い、卒業に必要な論文を書くことになります。

当時の僕は自分を成長させるには厳しい環境に身を置かなければならないという、ちょっと意識高い系をこじらせた考えをもっていました。そこで当時一番厳しくて不夜城と呼ばれており、不人気だった研究室を選びました。そこなら一番自分を成長させることが出来るだろうと考えたからです。

入ってからは、とにかく研究に没頭しました。というのもとにかく教授が怖かった笑。しょっぱなからめちゃくちゃ怒られて、これはマジでやばいなと思って昼夜問わず研究に没頭する日々を送りはじめるようになります。当時あそこまで没頭していたのは、単純に教授に対する恐怖心から来ていたのかなと思っていました。

ただ今から考えると当時の自分は、自分がこの一番しんどいといわれていた研究室を選んだことがベストだったと思えるようになりたかったのかもしれません。だから当時は、いろいろなものを犠牲にしたと思います。当時付き合っていた彼女も失いましたし、就活もみんなが内定を取っている中自分はなかなか決まらず焦っていた時期もありました。でも自分は自分が下した選択をベストな選択にしたかったので、そういうときでもひたすら研究をしていました。

この研究室には最終的に三年間お世話になり、卒業間近の飲み会で教授から、

「この三年間で一番成長したのは君だ」と言われたときは、自分の選択はベストなものになったんだなとホットしたことを覚えています。たぶん言った本人は覚えていないと思いますが笑。

結局選択なんてものは、あとからの行動でいくらでも結論が変わってくるのでしょうね。

 

何事も選択の連続だけど、それを正解するための努力が必要

社会人になってからもいろいろな選択を迫られました。

その一つにアムウェイビジネスがありました。

ふとしたきっかけで大学のころの友人から誘われました。結論として僕は、アムウェイビジネスはやらないと決めましたし、現在の僕のアムウェイに対する意見は下のページにまとめています。

 

www.yoshikunnoblog.com

ぶっちゃけアムウェイビジネスに関しては、ネットで叩かれているほど悪いものではなくやっている人たちもいい人達ばかりだし、実際にお金と時間を手に入れて自由な生活を送っている人達を何人も見てきました。だから自分がやったらそういう生活を手に入れるチャンスがあるんではないかと思った日もありました。

でもどうしても僕がやって成功するイメージが湧かなかったし、人生をかけるには値しないビジネスというのが僕の結論です。

今でもアムウェイを誘った友人と時々会うので彼がどんどんビジネスを進めている状況は伝わってきます。

なのであのときアムウェイビジネスをやらないという選択をしなくてよかったと心の底から思えるように選択しなかったからこそ、得られる幸せを手に入れるための努力をしなければいけません。

 

好きという感情を持っていれば、努力は容易い

僕には今彼女がいるのですが、正直付き合う前はここまで彼女のことを好きになるとは思っていませんでした。

知り合いの紹介であったのですが、初めて会ったときはなんか波長があうなと思ったのが第一印象で、二回目に会ったときにたぶんこの人と一緒なら人生が豊かになると確信して付き合うという選択をしました。ただこの時点でベストな選択かどうかは正直分かりませんでした。

でも一緒に過ごせば過ごすほど彼女の人間性に惹かれていきました。僕の前では彼女は天真爛漫なのですが、彼女は仕事中などは無口であまり人間関係を構築するのも得意ではないという一面もあります。これは付き合ってきて彼女が僕の前なら素の自分を出せるほど気を許しているからだと僕は解釈しています。

だた決して成り行きでこのような関係になったのではなく、お互いを好きでいるための努力をしてきたからこその結果です。

毎日のあいさつやお互いを理解したり気持ちを分かち合おうとする姿勢を継続して続けてきたからだと思います。別に意識してこれを努力とは感じていなかったのです。でも冷静に考えて今までの自分と照らし合わせると努力していますし、たぶん男友達とかに言うとすごいなとか言われてしまいますね。下手したらそんなめんどくさいことよくできるなとか言われてしまうかもしれません。

でも僕は彼女が自分にとってベストなパートナーだと思っているし、そうなるように自分は行動し続けます。

僕は付き合うと決めたときの直感を信じますし、その選択をベストなものにするために。

 

いろいろ駄文を書いてきました本日は以上で

ではでは!!!

 

自分がやりたくないことをはっきりやりたくないと言える大人って、嫌われやすいけどかっこいいと思う件

どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。

先日ある飲み会でこんな会話がありました。

先輩A「上司のBさんって飲み会の幹事一回もやったことないらしいぜ」

先輩C「まじですか!!」

先輩A「ああ、なんでも全部断ったらしい。自分はそんなのやりたくないって、全くとんだ我がまま上司だぜ!!」

先輩C「まったくですね、そのくせ部下にはあれやれ、これやれって」

とこんな感じの会話をしていてその場にいた人はみんなそうだ、そうだみたいな雰囲気になっていた。このBさん正直、部下からはあまり評判がよくないほう笑。

ただ僕はその話を聞いてその上司のBさんに対してすごく好感を持ってしまいました。

 

嫌なことを嫌といって断れる人ってなかなかいないけど

正直言って会社の飲み会の幹事なんてやっても何もいいことがないです。断言します。まずは場所を探して、人数を把握して、詳細の連絡をしたらそこは料理がまずいだの、駅から遠いだのいろいろ文句を言われながら、宴会が始まったら注文が遅いだのなんか面白いことを言えとか言われ続けてまったく心が休まらないです。正直幹事はめんどくさいしやりたくないというのが正直なところです。でも、断る人はなかなかいない。もちろん僕も笑。だって僕はしがないサラリーマンだから笑。

でもその上司の人は違いました。一回も幹事の仕事をやらなかった。断り続けました。僕は自分にはそういう風に断る勇気がないし、本当は断りたいのに仕方なしにやっている自分からしたら、その上司はすごくかっこよく見えました。でも自分の考えを通そうとするとどうしても、周りからの批判が出てしまう。

僕はそれが怖かった。そこで僕はまたしても嫌われる勇気を捨ててしまっていることに気が付いてしまいました。だからその上司のように嫌われる勇気をもって生きている人を見て憧れてしまったんだと思います。

www.yoshikunnoblog.com

 

自分に正直な人ほど批判されることへの違和感

会社に入って思うのですが、周りがやっているから自分もやらないといけないし、もし仮にやらなかったら批判されるという事例をたくさん目のあたりにしてきました。もちろん、お金ともらっている以上最低限のことはやらなければならないですが飲み会の幹事なんてその範疇を超えていますし、それ以外にもそういう最低限の枠から外れたことで批判されることは多々あります。会社なんてダイバーシティやかんや言ってますが求めている人物像なんて所詮は一緒で、その人物像からあぶれた人は批判の対象になります。僕はそこにすごく違和感を感じています。

www.jimpei.net

最近ふと読んだ記事ですごくこの違和感について共感できたので紹介しておきたいと思います。この方の記事によるとそのような日頃の違和感を大事にした方がいいと言ってます。僕の場合はその違和感を大事にするというか捨てたくても捨てられないといった方が正しいですが笑。

僕の周りには、すごく優秀な人たちが何人もいます。そして優秀な人たちほど、この違和感を「まあ、そういうもん」と割り切ってそこには何もなかったかのように仕事に励んでいます。そして出世街道まっしぐらです。こういう人たちが出世するのだなと思った半面、自分はそういう人間にはなれないので出世は絶対に無理だなと確信しました。やはり自分はどこまで行ってもしがないサラリーマンのようです笑。

 

終わりに

最近思ったことをなんの脈略もなく並べて書いてしまいました。

でも自分に正直な方が人生は幸せになれるはずだし、たとえそれが人からの批判を浴びる選択肢だったとしてもあとからそれを正解だったと思えるような人生にするのが僕が考える最高の生き方です。

 

追伸

なんかファンタの缶のデザインが変わってる!!!

f:id:yoshikiyachi:20170719194224j:image

なんか違和感があったんだよな。

 

 

今日はここまで!!!

ではでは!!!

大企業に入社した時のメリットをデメリットっぽく書いてみたら?

どうも、しがないサラリーマン略してしがサラのよしくんです。

就活生の皆さん、大企業入りたいですか?

入りたい人、本当に大企業でいいんですか?

 

なんか安定だし、有名だし、親が安心するという理由で選んでいいんですか?

今回はしがないサラリーマンのよしくんが、大企業の恐ろしい裏側について書いていきたいと思います。

 

寮に入らなければいけない

男性の場合基本的に最初の研修期間は寮に入らないといけないんですよ。大企業なら専用の寮を持っているからね。しかもその寮費が月5千円もするんだぜ!!やってられないでしょ!!安い居酒屋だったら二回も行けちゃうよ。大阪のなんばでいったらちむどんとかなら2回は行けちゃうよ!!

r.gnavi.co.jp

ここビール100円だからね!!

しかも寮には同期とかがたくさんいるから、遊びに行こうぜとか飲みに行こうぜとかめっちゃ誘われやすくなるわけですよ。

自分の部屋を出て2、3歩歩いたら同期の部屋についちゃうからね。ほんとものの30秒くらい。そりゃ誘いますし、誘われますわ。

仕事で嫌なことがあったり何かを相談したいときも誘っちゃうわけですよ。

誰かの温かみを感じずにはいられません。孤独が好きな人には絶望しかありません。

最後に寮に住むことに最大のデメリットはお風呂とトイレを掃除しなくていいことです。下請けのおばちゃんがすべてやります。すごく恥ずかしいです。例えるなら、入院しているときに看護師さんから下剤を入れられるくらい恥ずかしいです。

本当に寮は恐ろしいなあ~。

人数が多いから替えがいくらでも効く

 これも大企業に入ったらよくあることです。人がたくさんいるのでね替えがいくらでも効くんですよ。だから病気で休もうと上司に連絡した際は、

「いいよ、全然休んでも。しっかり体調を治してきてな」

とかいう無慈悲な指示が下るのです。

そしてこう思うわけです。

「なんだと~!!この俺がいなくても仕事が回るだと~!!!くそ!!あの案件はくぁwせdrftgyふじこlp」

という思いに駆られて風邪を治すのも困難な状況に追い込まれます。

また有給休暇もすぐに取れてしまいます。なんとも恐ろしいことです。急ぎの案件はほかの人に任せてしまえば、僕明日休むんでちょっとやっといてもらえませんか?とかいえてしまうわけです。そして大体の人は、

「いいよ、やっとくわ」とか笑顔で言ってくれます。そしてその笑顔を観て自分が休んで本当にいいのかという罪悪感に包まれて、押しつぶされそうになってしまいます。それだけで胸が苦しくなります。

本当に恐ろしいことです。

労働組合がしっかりしているのでサービス残業が全然できない

 大企業の特徴として労働組合がしっかりしているのでサービス残業が出来ないという弊害があります。そう、どんなに仕事が終わっていなくても家に帰らなければいけません。

法律でサービス残業をしてはいけないと決まっているので、もしそれを破ったら上司が罰せられます。部下の失敗は上司の責任になってしまいます。でも仕事についても上司からフォローされるのでそちらも気を抜けません。

つまり、効率よく仕事ができる人間にならなければいけませんし、そういう人にさせられます。つまり生産性の高い人になってしまうということです。

本当に地獄絵図です。考えただけでも震えが止まりません!!

対してアウトプットがなくても給料をもらえる

 ばりばり働いてアウトプットを出しているサラリーマンは給料をもらって当然です。しかし誰しもがアウトプットをばんばん出せるわけではありません。大企業はたいしてアウトプットがなくても給料がもらえてしまいます。一生懸命頑張って結果をだそうとしてけど出なかった。そんな人にも給料を渡してしまうのが大企業です。しかしそういう人はこう思ってしまいます。

「結果も出なかったのに給料を出してくれるなんて大変申し訳ない」

と良心の呵責に苦しむこと待ったなしです。

そして大企業に感謝をするようになり、心酔するようになります。

そして、

「この会社のために尽くそう」という愛社精神が生まれます。

さらに追い打ちはボーナスです。ボーナスまでも全社員に与えれるます。しかも大手なのでボーナスが100万以上ということもざらではありません。そこまでされたらもう、尽くしたいと思ってしまいます。

そうです。社畜の出来上がりです。そしてそういう人たちは仕事の進め方を覚え、どんどん生産性の高い仕事をするようになります。というかそういう研修制度が用意されているのです。

もはや、祈るしかありません。 アーメン...。

 

どうでしょうか?みなさん、これが大企業の実情です。これでもあなたはまだ大企業に入りたいといいますか?もし言うのであれば僕はもう止めません。お好きにどうぞ!!

今回はここまで!!!

 

ではでは!!!

 

自分の命を預けられる友人はいますか?

どうも、しがないサラリーマンのよしくんです。略してしがサラのよしくんです・

最近読んでいた本に、面白い話が載っていたので紹介したいと思います。

今回の内容は緩いです。

 

この本に書いていた、命を預けれる友人はいますか?という内容。

どんな話かというと、

昔昔あるところに綱渡りをする大道芸人がいました。

雰囲気的にこんな感じ。

 

f:id:yoshikiyachi:20170716151329p:plain

これでね、強風が吹いた日にはね、

あ~れ~

なわけですよ。

f:id:yoshikiyachi:20170716153014p:plain

その大道芸人は、観客を集めて綱渡りをするんですがその前に、観客にこう問います。

「このチャレンジが成功すると思う人は拍手をください」

そしたらみんなが拍手をして場を盛り上げます。

そしてその大道芸人は、見事にそのチャレンジを成功させます。

次にその大道芸人は、一輪車で綱渡りにチャレンジするといいます。

そしてまた観客に問います。

f:id:yoshikiyachi:20170716162941p:plain

このチャレンジが成功すると思う人は拍手をください

 また観客は拍手喝采で大道芸人のチャレンジを応援します。

そして大道芸人は見事にそのチャレンジを成功させます。

その大道芸人はさらに難しいチャレンジをします。

「私が誰か一人をおんぶして綱渡りを成功させることが出来ると思う人は拍手をください」

もちろん観客は拍手を送ります。

そしたら大道芸人はこう続けます。

「では実際におんぶされてもいいという方は拍手をください」

するとどうでしょう?

拍手する人は誰もいません。

しかし、一人だけ親友が僕が行くと名乗り出て大道芸人はおんぶをして綱渡りを成功させます。

イメージはこんな感じ?

f:id:yoshikiyachi:20170716163020p:plain

なんと素晴らしい友情の物語なのでしょうか?

本当に二人の友情には感無量です。

この本で言いたいのは20代にはこういう命を預けることが出来るぐらい信頼できる友人をもっといた方がいいよ!!ってことです。

 

ん?

んんん?

んんんん?

 

最初はいい話だなあとか思っていたんですが、よくよく考えたら

そんなあぶないことするなよー!!!(汗)

 

落ちたら死ぬよ。そしたら親が悲しむよ!!

大道芸人も友人も冷静になって!!

一度考えなおしてみよ。それをやって得られるものは何?

ただの自己満足でしょ?えっ?男はそういう生き物だって?

ああ、もういいですわ!!好きにしやがれ!!!

 

 

さて、この本自体は割と正論を書いていてとても読みやすくなっています。

普通に自己啓発本としてはすごく面白いですね。

今回は以上!!!

 

ではでは!!!

 

【沖縄のおすすめ無料スポット第2弾】名護市に行ったら無料で見学できる名護市役所がお勧めだよ~

どうも、しがいないサラリーマンのよしくんです。

今回は、沖縄に行った際に無料で行けるお勧めスポット第二弾を投稿したいと思います。

 とりあえず、前回の記事はこちら↓

www.yoshikunnoblog.com

 

今回紹介するのは、沖縄の名護市にある名護市役所。

 なんで市役所やねん?って思う方もいることでしょう。

しかし侮ることなかれ。なかなか見ごたえのあるスポットなんですよ。

 

名護市役所への行き方は?

まず名護市役所の場所はこちら。

 

[http://:title]

那覇空港から車で高速を使って1時間半強ほどです。高速道路の最北端の許田ICが結構混むんですよね。できればETC搭載の車で行くことをお勧めします。なんかETCついている車が沖縄は少ないみたいでETCレーンの方が早く進んでました。僕もETC持っていけばよかった笑。

ついでに沖縄を車で回るならカーシェアがおすすめです。オーナーさんがいい方が多いのでいろいろ融通をきかせてくれますし。

僕が前回、カーシェアアプリを使って沖縄に行ったときの体験談は下の記事を参考にしてください。

www.yoshikunnoblog.com

 オーナーさんとも仲良くできたし、是非使ってみることをお勧めします。

で名護市役所がどんなところかというとこんなところ。

f:id:yoshikiyachi:20170716123451j:plain

 

うぉぉぉぉ!!!

なんだあれは?

要塞?

ラピュタの城?

いや、名護市役所だ~!!!

 なんかすごく東南アジアの遺跡を思い出すんですけど。

設計したのは、像設計集団というところらしい。

ホームページ見たらいろいろ載っておりました。

象設計集団

興味がある人はぜひごらんください。

 

てかシーサー多いし笑

ということで早速探検をしてみることに。よくよく壁を観てみたらたくさんのシーサーがおる!!

f:id:yoshikiyachi:20170716130448j:plain

 まさにシーサー祭り。

しかもなんか微妙に姿勢が違うし。

このシーサー、数は全部で56体あるそうです。

ソースは下の記事。

【建物探訪】名護市庁舎がカッコいい - 沖縄B級ポータル - DEEokinawa(でぃーおきなわ)

この理由は

なぜ56体もあるかというと、名護市内の集落の数が55。
そこに名護市庁舎を足して56になるというわけ。

引用

【建物探訪】名護市庁舎がカッコいい - 沖縄B級ポータル - DEEokinawa(でぃーおきなわ)

 この理由が本当かどうかは分からないですが、こんなにシーサーがいたら全然寂しくないね。

 

 冒険のにおいがしておらわくわくしてきたぞ!!!

今回僕が行ったときは休日だったので市役所は休みでしたが、建物自体はゆっくり観ることが出来ました。

基本は赤れんがと白いレンガが交互に合わさってできています。

f:id:yoshikiyachi:20170716132425j:plain

 そして、この不思議な雰囲気の建築物を観てテンションが上がる彼女。

まったく、お前ってやつは・・・・。

 

というかマジで迷宮みたいな雰囲気だな。

ここで鬼ごっこしたら楽しそう!!

 

f:id:yoshikiyachi:20170716123509j:plain

なんか緑地化されているところもありました。

屋根のところは、あまり見えないけどつるが伸びていてバーゴラになっていました。

バーゴラ

パーゴラ(pergola)は、住宅の軒先や庭に設けるつる性の植物を絡ませ木材などで組んだ棚。日陰棚(ひかげだな)つる緑廊(りょくろう)のこと。日本では藤棚(ふじだな)が一般的である。建築用語のひとつ。

引用

パーゴラ - Wikipedia

マジで癒されるわ~!!

この独特の雰囲気。なんか妖精が出てきそう笑。

そして下の写真は見にくいですが、スロープになっていて車いすの方でも昇り降りできるようになっています。

そこら辺はぬかりないですな。

f:id:yoshikiyachi:20170716123513j:plain

 

ということで。今回は名護市役所について投稿させてもらいました。

なかなか見ごたえがあって何と言っても無料なので、是非近くに寄った際は見学してみてください。カップルで来てもいいし、友達と来ても十分楽しめるところになっています。

 

 

今回はここまで!!!

ではでは!!!